私たちがどこかの法人から借金をする時には、必ずと言って良いほど何らかの書面が交わされるものです。 「この会社から確かに借金をした」という事実を証拠として残すために、書面が発行されることが多いものなのです。 ですので借金をすると、法人から書面が発行されるわけです。逆に法人に対して、個人が書面を提出することもあります。 例えば、身分証明書です。私たちが銀行の口座を作る時には、必ずと言って良いほど身分証明書を提出するものですが。それと同様にクレジット会社での契約をする時には、書面を提出することがほとんどです。 つまり私たちが法人で借金をする時には、何かの書類でのやり取りが発生することが多い訳です。 ところで個人対個人で借金が発生する時には、必ずしも書面のやり取りが発生するとは限りません。親戚から借金をする時に書面が交わされることは、案外少ないようです。もっとも人によっては、しっかりと書面でやり繰りをしているケースなども有るかもしれませんが。 このように借金というものに対しては、書面というものが関係してくることが多々あるという訳です。